学術というプロテスト ~小さな者でも世界を変えることができる~

学術というプロテスト ~小さな者でも世界を変えることができる~

学術というプロテスト ~小さな者でも世界を変えることができる~

鉱物学者のイーサン・リースは幼いアル・マクダエルに言って聞かせます。

鉱物学者として石の起源を追い求め、学界に名誉の旗を立てるだけが学問だろうか。ファルコン・マイニング社のやり方を批判するのは簡単だが、批判するだけでは決して問題は解決しない。鉱石は富と権力の源泉でもあるけれど、一方で不可能を可能にし、人々の生活に進歩と救いをもたらす。わたしは鉱物学の立場から世界を変えたいと。

しかし、ニムロディウムの分野は、ファルコン・マイニング社の独壇場。

たとえ世界を変える新説や新発見であっても、絶対に許されません。

なぜなら、「ニムロディウムは、こういう地層からも、どんどん採掘できるよ」という話になれば、ニムロデ鉱山=ファルコン・マイニング社の優位性も薄れてしまうからです。

実際、似たような事例で影響力を失っている国や企業は少なからずあります。

一般人は「裏山からも黄金がザクザク採れる」という話になれば、狂喜乱舞し、「これで飢えや貧困から解放されるぞ」と思うかもしれないけれど、そうなると困る人もいる。

これは鉱物資源とは異なりますが、たとえば、地動説というのは、宗教的な圧力によって、とことん無視され、支持者は火あぶりに処されることもありました。

似たような話は、どんな分野にも起こりうる、という喩えです。

それでも鉱物学者のイーサン・リースは、マイニング社の一党支配や、宇宙文明を支える為の過酷な鉱山労働に胸を痛め、学術の立場から、鉱業の在り方を変えようと試みます。

それがどれほどリスキーか、重々に分かっていたけれど、それでもやらずにいませんでした。何故なら、心底、学問に献身している者は、己にも、他人にも、嘘がつけないからです。

その過程で、絶対に存在してはならない「ニムロディウムの硫化物」を持ち帰り、鉱床の成り立ちを証そうとします。

また、その有力な裏付けとなる『ブルーディアナイト』の針状結晶も、ファルコン・マイニング社にとっては「存在してはならないもの」でした。

しかし、新しい学説が立つことをファルコン・マイニング社は決して許さず、この世紀の発見は、イーサン父子とダナに不幸をもたらします。

本作の冒頭で、アルが心に刻む聖書の文句の所以です。

「悪をもて悪に報いず、凡(すべ)ての人のまえに善からんことをはかり、汝らの為し得る限りつとめて凡(すべ)ての人と相和らげ。愛する者よ、自ら復讐すな。ただ神の怒りに任せまつれ。録(しる)して主いい給う、復讐するは我にあり、我これに報いん」の言葉通りに。

世の中には、いろんな主張があって、プラカードを掲げて、デモを行うのもいいけど、学術面からプロテスト(あるいは革新)する方法もあって、恐らくは、「存在してはならないもの」を実証するのが一番破壊力があるのではないかと思ったりします。(いわゆる”動かぬ証拠”)

科学屋が学術、研究に惚れ込むのは、「実証」にまさる雄弁はないからで、たった1つの鉱石、たった1つの標本が、世界を変えることもある。

ひと度、その手応えを知ったら、自分の理論を実証するまで引き下がれなくなりますよね。

そうした、累々たる屍の山というか、ついに日の目を見なかった仮説や新説の上に、現在の科学というのは成り立っておるわけですが、それは決して自分一代の栄光ではなく、次代の芽となるものです。

その価値を知っている人だけが、学問に dedicate できるのでしょう。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』で、森の奥方が、ホビット族のフロドに「小さな者でも世界を変えることができる」というのは、そういう事だと思います。

いつの時代も、最後には野蛮な力に打ち勝つのは、人間の知性です。

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録した異色作。

CTR IMG