コルネリス・レリーの銅像をのぞむ

オランダの治水と締め切り大堤防 ~意思が世界を形作る

コルネリス・レリーの銅像をのぞむ

『ネーデルラントはネーデルラント人が作った』

一つの土地、一つの技術に恋することは、時に人生まで変えてしまうものです。

私にとっては、オランダの干拓技術とアフシュライトダイク(締め切り大堤防)がそうでした。

本著の「あとがき」にも書いていますが、私がオランダの干拓技術とアフシュライトダイク を知ったのは、1995年頃、海洋都市のモデルを探して、図書館で手当たり次第に専門書を読み始めたのがきっかけです。

小学校の頃から、鎖国政策の間もオランダとは交易があったこと、医学や土木など多くの知識と技術がオランダからもたらされたこと(『蘭学』『ターヘルアナトミア』『杉田玄白』あたり。ガラス、コップ、デッキ、ペン、といったオランダ由来のカタカナ語も多い)を知ってはいましたが、実際、オランダがどれほど優れた技術を有しているか、具体的にはほとんど知らなかったので、初めてアフシュライトダイクの存在を専門書で知った時、なんと素晴らしい構造物があるのかと、目を見張ったものでした。

とりわけ、心を動かされたのが、オランダの諺でもある、

God schiep de Aarde, maar de Nederlanders schiepen Nederland(世界は神が創り給うたが、ネーデルラントはネーデルラント人が作った)

Nederlandは、その名の通り、『海より低い土地』。

国土の大半が海抜数メートル、もしくは海面より低い位置にあり、もしオランダの排水設備が三日間停止したら、西部の1/3が水没するといわれています。

いわばオランダの歴史は水との闘い、堤防と運河こそ国民の生命線なのです。

そんな危険な土地にも関わらず、人が水の流れを変えてでも住みたいと思うのは、やはり水と緑の美しさ、広大な海、国土の大半が水路に接し、交通や農業に適していることがあげられます。

また『東インド会社』に代表されるように、オランダは自由と共和の気風から近代的な通商システムを作り上げ、フランス、イギリス、スペインといった応酬列強に囲まれた小国にもかかわらず、空前の繁栄を遂げることができました。それは現代にも受け継がれ、独特の文化をつくりだしています。(大麻、安楽死、飾り窓、同性愛、日本人にはびっくりするような価値観もありますね)

『洪水多発だから危険。みんな逃げろ』ではなく、『だったら知識と技術で水の流れを変えてやろうじゃないか。ついでに自然のパワーを利用して、豊かな国を作ろうぜ!』がネーデルラントの精神なのです。

自らの国土と幸福は、自らの手で作り出す。

その最たるものが、アフシュライトダイク(締め切り大堤防)です。

全長32キロメートルに及ぶ巨大な堤防が、ハイテク重機もパーソナルコンピュータもない時代、人の手によって作られたとは、なんという英知であり、意思の力でしょう。

彼らはみな、奴隷のように酷使されたのでしょうか。

そんなことは断じてありません。

この堤防が数百年の未来にわたって国土の生命線になると信じて、一つ一つ、人力で石を積み上げ、ついには海の水を堰き止め、堤防の内側に豊かな干拓地を作り出したのです。

まさに『ネーデルラントはネーデルラント人が作った』のです。

その威容は今も北海に広がり、堤防建設を指揮したコルネリス・レリーの彫像に見守られながら、沿海の干拓地を守り続けています。またこの堤防は北と南を繋ぐ主要な交通路でもあり、堤防の中程には、カフェや展望台、記念碑も設置されています。

将来の地球温暖化による水位上昇に備えて、今後もいっそう堤防強化されると共に、観光資源としての開発も計画されています。

ネーデルラントの精神は、21世紀も、22世紀も、さながら紅海を分かつ奇跡のように、水害から国土を守り、緑の美しい大地を創出することでしょう。

Afsluitdijk 08.jpg
By Roobit (Eugene Soukharnikov, euge_s@basical.com) – Own work, CC BY 2.5, Link

締め切り大堤防の建設、および、国内の治水を見直すきっかけとなった大洪水の記録。

オランダで「大洪水」といえば、1953年、オランダ南部の沿岸部を襲った『北海大洪水』を差します。

欧州冬期の暴風雨に大潮が重なり、海面が最大5.6メートル上昇。

海抜0メートルから1メートル以下の沿岸部は瞬く間に冠水し、統計上の死者はオランダ国内だけで1800名以上、欧州全体を含めれば2550名以上が命を失い、47300戸以上の家屋が損壊しました。

North Sea flood of 1953.png
By Lencer – “own work”, used Diercke Schulatlas, Verlag Westermann, CC BY-SA 2.5, Link

アフシュライトダイクと締め切り大堤防について

前述にもあるように、オランダの『アフシュライトダイク(締め切り大堤防』は、1927年から1932年にかけて、国家的な治水事業の一環として建設されました。
全長32キロ、幅90メートル、高さ7.25メートルの威容を誇り、北海から仕切られた内湾は、現在、アイセル湖となっています。
治水の重要な拠点であると同時に、湾岸の南北を結ぶ主要な交通路でもあり、中継点には記念碑や観光客向けの施設が設けられています。
ITもハイテク重機もない時代に、よくこれだけのものを作ったものです。

ここは旅行会社の観光ルートからも外されているので、個人的に移動するしかありません。(たいていは、風車とゴッホ&レンブラント美術館、チューリップ園で終わり)
私はアムステルダムからアルクマールまで電車でアクセスした後、バスを乗り継いで、締め切り堤防まで行きました。
天候にも恵まれ、天の架け橋のような眺望でした

ちなみに、日本の土木技術は、多くをオランダから学んでいます。
鎖国の時代にも、日蘭の交易が続いていたこともあり、干拓、護岸、様々な技術を取り入れることができたのです。

ロケーション

2017年8月撮影

アフシュライトダイク(締め切り大堤防)の全景。

『E22(自動車専用道路)』で表示されているのがアフシュライトダイク(締め切り大堤防)です。南北を結ぶ交通の要であると同時に、観光スポットにもなっています。

アフシュライトダイク(締め切り大堤防)の全景

遠くに小さく見えるのは、建設工事を指揮したコルネリス・レリーの銅像です。

コルネリス・レリーの銅像をのぞむ

建設工事を指揮したコルネリス・レリーの彫像。今も祖国の海を見守る風情が魅力的。本作のモチーフです。

海に臨むコルネリス・レリーの彫像

堤防建設に尽くした工夫の偉業を称えるモニュメント。
当時の苦労が偲ばれます。

工夫のモニュメント

水害と建設の歴史を物語るパネル。遊歩道に設置されています。

コルネリス・レリーと堤防建設の年史

『水との闘いは人類の為の闘いである』 オランダのベアトリクス女王によって設置された碑文。

ベアトリクス女王による碑文『水との闘いは人類の為の闘いである』

展望台の基底部に設置された労働者らのレリーフ。昔の工具を手にしています。

工夫のレリーフ

展望台には、小さな土産物売り場、カフェ、手洗いなどがあります。将来的にはアミューズメント施設を拡充し、新たな観光スポットに再建する計画があるらしい。

締め切り大堤防の展望台

アフシュライトダイク(締め切り大堤防)の今と歴史を伝えるビデオ。

オランダの治水 ~水に打ち克つ

潜水艇のパイロットとして勤める傍ら、ヴァルターはGeoCAD(コンピュータ支援設計)を使って海洋都市『リング』を描き続ける。アイデアの重要性を説く父との思い出を形にする為だ。

土木技師の父は、堤防管理の仕事をしていたが、13歳の時、干拓地を襲った未曾有の大洪水で命を落とした。決壊寸前の堤防を守りに戻って、高波に呑まれたのだ。

そんな父のグンターも、子ども時代はワーグナーのオペラに熱中する夢見がちな少年で、火山学者の父親には腑抜けのように思われていた。

グンターはサッカー選手に憧れていたが、火山学者の父は「お前のように頭のいい子がサッカー選手など……」と難色を示し、せっかくのセミプロチームの誘いも断ってしまう。

ショックを受けたグンターは気分転換に一人旅に出る。そこで出会った読書好きな女の子に『世界は意思の表象である』という言葉を教えられ、アフシュライトダイク(締め切り大堤防)に赴く。

その圧倒的な規模と歴史に魅了されたグンターは、ネーデルラントで治水に携わることを志し、緑の美しい干拓地フェールダムに移り住む。

アフシュライトダイク(締め切り大堤防)は全長三十二キロメートル、幅九〇メートル、海抜約七メートルの世界屈指の大堤防だ。Anno Dominiの時代、一九二七年から一九三二年にかけてゾイデル内海と北海を仕切る形で建設された。
古来より、ネーデルラントは高潮や洪水に苦しめられ、堤防や運河の建設が国家的事業として推し進められてきた。
わけても二十世紀初めに実施されたゾイデル海開発計画は、北海の高潮から陸地を守り、干拓地を拡張することを目的とした一大事業で知られる。
その一環として建設されたアフシュライトダイクは、文字通り海を締め切り、干拓地を守る治水の要所として国を支えてきた。それは今もモーセの奇跡のように大海原を二つに分かち、豊かな国土を創出している。また、堤防上面には片側二車線の快適な自動車道路が敷設され、複数の河口に分断されたネーデルラントの沿岸部を一つに結ぶ主要な交通路の役割も果たしている。
グンターは堤防中央のパーキングエリアでバスを降りると、展望台やスチール写真*18を見て回った。
沿道のパネルには、発案から完成に至るまでの里程標や昔の水害の様子、人力で一つ一つ石を積み上げ、旧式のクレーンや作業船で土砂を投入する様子が展示されている。ハイテク重機もコンピュータも無い時代、ネーデルラントの人々はどうのようにしてこの巨大建設を成し遂げたのか、グンターには想像もつかない。
パーキングエリアの脇には、腰をかがめ、両手で石を積む工夫のモニュメントが設置され、当時の苦労を今に伝えている。また展望台の入り口に掲げられた、石と棒具を手にした三人の作業員の記念碑も印象的だ。
そして、沿道には、プロジェクトを指揮したコルネリス・レリー(Cornelis Lely)の銅像が建立され、海に向かう英雄のように祖国の行く末を見守っている。
それらを見るうち、グンターの脳裏に「God schiep de Aarde, maar de Nederlanders schiepen Nederland.(この世界は神が創り給うたが、ネーデルラントはネーデルラント人が造った)」という諺が浮かび、人間の圧倒的な意思の強さに畏敬の念を覚えた。たとえ一人一人の名は歴史に残らずとも、その思いは一枚岩のように祖国の礎となり、現在(いま)を支えている。それは父の叱責に怯え、自分の意思を強く表明することもできない自分がちっぽけに感じるほどだった。

意思と表層の世界について

グンターと乗り合わせた電車の中で、女の子が読んでいたショーペンハウアーの『意思と表層の世界 (中公クラシックス)』の有名な出だしは次の通りです。

「世界はわたしの表象Vorstellung(目前に見るよう心に思い描くこと。心象、想像、観念など広い意味をふくむ)である)――」

これは、生きて、認識をいとなむものすべてに関して当てはまるひとつの真理である。ところがこの真理を、反省的に、ならびに抽象的に真理として意識することのできるのはもっぱら人間だけである。人間がこれをほんとうに意識するとして、そのときに人間には、哲学的思慮が芽生えはじめているのである。

個人的にこの箇所が好き。

インド人の太古の聖賢は次のように語っている――
世界はあるともいえないし、また、ないともいえない。
なぜなら世界は夢に似ていて、旅人が遠くから見て水かと思う砂上の陽光のようなものだし、また旅人が蛇かと思う投げ棄てられた縄にも等しいからである」

第一章・運命と意思 Kindle Unlimited 版
5

稀少金属『ニムロディウム』の発見により、宇宙開発技術は劇的に向上するが、世界最大のニムロデ鉱山がファルコン・マイニング社の手に落ちたことから一党支配が始まる。 海底鉱物資源の採掘を目指すアル・マクダエルと潜水艇パイロットのヴァルター・フォーゲルとの出会い、生の哲学と復興ボランティアのエピソードを収録。
Kindle Unlimitedなら読み放題。

このパートは海洋小説『曙光』(第一章・運命と意思)の抜粋です。詳しくは作品概要をご参照下さい。

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録した異色作。

CTR IMG