水深4000メートルの愛

水深4000メートルの愛 ~相手からは見えないけれど

水深4000メートルの愛

採鉱プラットフォームの女性機関士オリガとヴァルターの会話のボツ原稿です。

下書きの段階では、機関士長のワディとは「妙齢の男女の仲」という設定でした。

しかし、それも無理があるので、本稿では、オリガとワディは『姪っ子と叔父』のような関係に落ち着きます。

「まあ、それが今まで独身できちゃった所以。もっとも、私のこの顔じゃあ、男も遠慮して寄りつかないでしょうけど」
「そんなことないよ。今からでもプロポーズすればいい。相手は戸籍上、独身だろう? だったら何も問題ないじゃないか」
「……あなた、ずばっと直球な事を言うのね」
「それだけが取り柄でね」
「でも、そう簡単じゃないわよ」
「どうして」
「口に出して言わなきゃ、分からない?」
「分からんね」
「私も、一応、『女』だってことよ。……女の私から言い出すなんて、夢がないじゃないの」
「なるほど」
「ただでさえ、この十五年間、何の興味も示されなかったのに、突然、直球なんて投げられるわけがないじゃないの。この年になって一世一代の求愛を鼻先であしらわれたら、いくら私でも生きて行けないわ」
「じゃあ、君は、十五年間も黙って側で見てたわけ?」
「大きな声で言わないで! 」
「案外、相手も、同じことを考えてるかもしれないよ」
「どんな風に?」
「今まで隣人づきあいして、年も離れて、離婚歴もあるのに、今更、好きだの、結婚だの、気恥ずかしい」
「それはないわ」
「どうして分かる?」
「だって、向こうにチラとでも気があるなら、何かしらアクションがあるでしょう。食事に誘うとか、身体に触るとか。でも、この十五年間、本当に何も無かったんだもの、悲しいくらいにね」
「必ずしもそうとは限らないよ。気持ちを秘めれば秘めるほど、表面的には無愛想に見えるんじゃないかな、海と一緒で」
「あなた、おもしろい事を言うわね」
「水深四千メートルの愛情だ。きっと、そうに決まってる」

https://amzn.to/2UnpFYo

下記は、嵐の夜、ヴァルターが急病のワディをローレンシア島まで送り届けた後、食堂でオリガと交わす会話。

接続ミッションの無人化をめぐり、対立した二人が心を通わせる場面です。

ちなみに、女性のメカニック(整備士も含めて)も、石油プラットフォームでは珍しくありません。

女性もヘルメット+作業着でメカを操作する時代です(^^)

文書作成:2012年4月17日

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録した異色作。

CTR IMG