SEARCH

「堤防」の検索結果37件

干拓型海洋都市『リング』のプレゼンテーション 価値ある仕事と社会の礎

アイデアの是非が問われる中、干拓型の海洋都市『リング』のプレゼンテーションに立った彼は「ボルトを締める人の手にも意思がある」と社会の基盤となる庶民の誇りや意欲の重要性とについて説き、「信用こそ資本」と建設費に勝る価値を創出することを宣言する。

相対する二つの海洋都市のアイデアと庶民の不安 全ての人に分かりやすく

壮麗な海上都市『パラディオン』の建設計画が進む中、公共性や耐久性に懐疑的なヴァルターは干拓型の海洋都市『リング』を対案として提示するが、いまひとつ一般人にアイデアが理解されてないと指摘され、大衆の支持を得るには「全ての人に分かりやすく」が鍵だと気付く。

今異議を唱えるか、永久に口をつぐむか

アステリアの未来を占うペネロペ湾開発のアイデアコンペで下馬評通りメイヤーの海上都市『パラディオン』が一位に選出される。だがその公共性に懐疑的なヴァルターは質疑応答で異議を唱え、自身が考案する干拓型の海洋都市『リング』を対案としてぶつける。

民意か、自己表現か 公共の芸術としての建築 ~デザインに現れるエゴと野心

富裕層向けの海洋都市の建設を急ぐメイヤーと密かに面談したリズは、公共性を無視し、己の野望を遂げようとする心根に違和感を覚える。庶民の福祉は後回しかと問い質すリズに、メイヤーは「百の理想を説いて聞かせるより、小切手一枚切った方が早いと嘲笑う。

アイデアの対極は『無』 無駄と決めつけずに考える

【小説の抜粋】 アイデアの対極にあるもの 自身の『リング』に価値の萌芽を見出したヴァルターに、リズは「アイデアの対極はフランシス・メイヤーではなく、無」だと説く。 前のエピソード → デザインとは精神の具象 ~絵に心を現す~ PDFで読む(全画面表示) 六月十八日。水曜日。 ヴァルターとリズは朝食を […]

>海洋小説『曙光』MORGENROOD

海洋小説『曙光』MORGENROOD

宇宙文明の根幹を支える稀少金属ニムロディウムをめぐる企業と海洋社会の攻防を舞台に描く人間ドラマ。生きる道を見失った潜水艇パイロットと愛を求めるフォルトゥナの娘の恋を通して仕事・人生・社会について問いかける異色の海洋小説です。
Kindle Unlimitedなら読み放題。
Amazonの海洋学ランキングで一位を記録した異色作。

CTR IMG